印刷用ページ

「SSL 3.0」の脆弱性について

インターネットにおける暗号通信として広く使われてきた「SSL3.0」に脆弱性が発見されたことを受け、当ホームページでは安全性確保のため「SSL 3.0」によるアクセスを制限しております。現在「SSL」は、「TLS」と呼ばれる、より高度な暗号化方式にバージョンアップされており、多くのブラウザでは「SSL3.0」より高水準の方式「TLS」を優先的に選択する設定がされているため、 安全性への影響はございません。しかし、ご利用のブラウザが「SSL3.0」のみを有効とする設定になっている場合、各応募フォーム・お問い合わせにおいて正常に動作しない場合がございます。その場合はブラウザの通信設定で、SSL3.0を使用せずTLS1.0、TLS1.1、TLS1.2を使用する設定に変更をお願いします。

  1. 設定方法:
  2. ■WindowsでInternet Explorerをお使いのお客様
    1.Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。

    図1



    2.[インターネット オプション]の設定画面から、[詳細設定]タブをクリックします。

    3.設定のなかをスクロールして、[セキュリティ]カテゴリを以下のように設定します。
    図2・[SSL 2.0 を使用する]のチェックを外す(OFF)
    ・[SSL 3.0 を使用する]のチェックを外す(OFF)
    ・[TLS 1.0 を使用する]のチェックを入れる(ON)
    ・[TLS 1.1 の使用]のチェックを入れる(ON)
    ・[TLS 1.2 の使用]のチェックを入れる(ON)

    4.[OK]をクリックします。

    5.終了し、Internet Explorer を再起動します。

    詳細はマイクロソフト社Webサイトをご確認ください。
  3. ■WindowsでGoogle Chrome、FireFoxお使いのお客様
    SSL3.0を無効化する設定方法は、ご利用のブラウザによって異なります。詳しくは各ブラウザのヘルプをご確認ください。
    ※Google Chrome、FireFoxについては、SSL3.0の脆弱性に対応したバージョンのリリースが予定されています。対応バージョンがリリースされましたら、ブラウザのバージョンアップをお願いいたします。
    >>Google Chromeのバージョンアップ方法(グーグル社のサイトに移動します)
    >>FireFoxのバージョンアップ方法(Mozillaのサイトに移動します)
  4. ■Macをお使いのお客様
    SSL3.0の脆弱性に対応したソフトウェアアップデートがアップル社から提供されております。ソフトウェアをアップデートしていただきますよう、お願いいたします。
    >>MacOSのソフトウェアアップデート方法(アップル社のサイトに移動します)