印刷用ページ

事業等のリスク

【最終更新日:2020年6月24日 字句修正】


 当社グループの事業に関してのリスク要因及び投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は以下のようなものがあります。  なお、本文中の将来に関する事項は、2020年6月24日現在において当社グループが判断したものであります。


1. 経営環境について

  当社グループは多品種の食品を取り扱っており、同業他社のみならず異業種との競争が益々激しくなっております。そのような環境の中、日照不足等の天候不順、鳥インフルエンザ、残留農薬等の食品の安全性・信頼性を揺るがす問題等により、売上高の減少につながり業績に影響を与える可能性があります。

  また、当社グループにおける製品の販売先の大半が日本国内であることから、国内景気の悪化及び市場規模の縮小、主要販売先における販売の不振や商品政策の変更等による需要の後退、地震等の自然災害、火災等の人的災害の発生による生産能 力の低下等により、業績に影響を与える可能性があります。

 今回発生した新型コロナウイルス感染症は、状況によっては、当社グループの生産工場を休止に追い込む危険性があります。この事態を回避すべく、最大限の在宅勤務や国内外への出張の原則禁 止、社内外の連絡や打合せ等は可能な限り電話、メール、WEB会議等を活用するなどの対応とあ わせ、生産工場や受注部門は、従業員、お客様、関係者様等の安全・安心に最大限の配慮をし、感染予防策を徹底した上で供給体制を維持してまいりました。 しかしながら、訪日外国人の大幅な減少や旅行・外出の自粛、イベントの中止などで外食産業を はじめ、在宅勤務によって中食を購入する機会が減り、売上高の減少に繋がっております。 2021年3月期は、最善の利益を確保すべく、特命のチームを立ち上げ取組みを実施しております が、現時点ではその影響度合いが不透明であり、合理的な見積りが困難であることから、業績への 定量的な見積りが難しい状況です。

 

2. 原材料等購入価格の変動について

  当社グループの主要な原材料は食用油(大豆、菜種等)・卵・野菜であり、購入価格は内外の商品市場価格及び外国為替相場に大きく影響されます。市場価格の変動リスクのヘッジとしまして海外調達も含め産地分散、及び通年価格契約の実施等を行っておりますが、市場価格の変動が経営成績に影響を与える可能性があります。

  また、原油価格が高騰した場合には、物流コストや包材価格が上昇する可能性があります。これらの影響を販売価格に転嫁できなかった場合、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。


3. 製品の安全性について

  消費者の食品に対する安全性への関心が高まる中、当社グループは原材料の品質、生産工程等を 厳格に管理し、製品の品質や異物混入等には万全の注意を払っております。 万が一原材料や製造工程等に想定外の事態が発生した場合には、当社グループの経営成績及び財 政状態に影響を与える可能性があります。 これに対する品質管理の取組みとして、「ISO9001」(品質マネジメントシステム)、 「FSSC22000」(食品安全マネジメントシステム)及び「ISO17025」(試験所及び校正機関の能力 に関するマネジメントシステム)の取得、トレーサビリティの導入等を行って品質管理には万全の 体制をとっております。



4. 物流の外部委託について

  当社グループの物流は、外部の専門企業に全面委託しております。委託先企業はそれぞれの条件に応じて複数存在しますが、その取引条件の変更や事故あるいは災害によるトラブル発生の場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。



5.  情報システムについて

 当社グループでは、基幹系システムにより管理している生産・販売・物流・会計等の重要な情報 を災害対策を施した外部データーセンターに保管するとともに、紛失や改ざん等を防止するため、 情報管理体制の徹底やシステム障害等に対する保守・保全等のセキュリティ対策を講じておりま す。 しかしながら、地震等の自然災害をはじめ、予測の範囲を超える事象によりシステム障害等が発 生した場合、業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。。



6. 金融情勢の変動について

  当社グループの資金調達は、設備投資計画に基づき必要な資金を長期借入金及び割賦契約により 行っております。金利変動リスクを回避するために固定レートによる調達を行っておりますが、金 融情勢に大幅な変動が生じた場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響する可能性が あります。



7. 固定資産の減損について

  当社グループは、土地、建物、機械装置等の様々な資産を所有しております。資産の新規取得に あたりましては、各関連部署が連携し投資効果、回収可能性を徹底的に検証・検討しており、職務 権限規程に基づき決裁を受けております。また、継続して有効性の確認を行い、固定資産の保全と 有効活用に努めております。 しかしながら、外部環境の急激な変化に伴い、時価の下落や収益性の低下等により投資額の回収 が見込めなくなった場合、減損損失を計上する可能性があり業績及び財政状態に影響を与える可能 性があります。



8. 労務について

  当社グループは、正社員に加えてパートナー社員、アルバイト等も受注業務及び生産業務等に従 事しており、勤務者の就業等に関する法律の改正等が行われた場合には費用が変動する可能性があ り、業績に影響を与える可能性があります。



9. 中期経営計画について

  当社グループは、更なる飛躍を目指して中期経営計画を策定しておりますが、取引先の業況及び 経済情勢などの事業環境に大幅な影響を与える変動が発生し、中期経営計画策定時の前提と異なっ た場合は目標数値を達成できない可能性があります。